CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
hard to thillがめちゃ好きだ。
手術した右手の腫れがまたまたひどくなって来た。手術した当日は右手の肩あたりがすごく軽くなって楽だなぁなんて思ったもんだがこの数日、手のひらの甲がまるでグローブのように膨れ上がっている。手術してから明日で一週間だ。透析の主治医に不安になって相談すると来週まで様子を見てそれによって手術した医院に予約を入れるという事になった。透析の3時間半の間i-Podでclapton & jj caleの新譜を聴いていた。14曲中12曲がjj caleの曲だ。派手なギタープレイもなく全体を通してjj caleの色調でまとめられたご機嫌なアルバムだ。オレの個人的な好みで言うと8曲目のhard thillがめちゃ好きだ。リフレンのポジションにして何回も聞いた。オレは餓鬼の頃からこういうブルージーな曲には弱い。unpluggedのold loveを彷彿させるこの曲が大好きになりそうだ。この数ヶ月BB KINGの「80」というアルバムを好んで聴いていたがこのアルバムが割り込みそうだ。
| R&B | 21:11 | comments(0) | - |
怒濤の六連発
昨夜25時就寝今朝5時56分起床。天候は曇りでなにげに梅雨空。昨日は「血液交換日」で病院へ午後出かける。17時透析開始で20時30分終了。病院で一青窈の「面影モダン」を繰り返し聞いているんだけど意味不明の歌詞が多い。iTunesで楽曲を購入すると歌詞カードがないので歌詞の意味が分からない。あんまり分からないのでネットで調べた。

あなたがくれた曖昧さ
誰ゆずりか、も
ぷっつり途切れた電話
牡丹が凍る
一二年はなんとなく、なんとなく 焦らされてダンス
葡萄色の帽子落とし
向かいのホーム 先頭に鳩の会話
聞こえなくなる
螺旋のように きりなくきりなく あたしから最後
うつらうつら昼夜風 行く先をいいかけ、て

眠り姫は たたん たたん
あなた思いの 落下傘
出会い頭 たたん たたん
消えたはやさ はぐれ雲
二重橋で たたん たたん
ふたりは 面影モダン

あなたにあげた曖昧さ
来るも拒まず
煙草雲かきわけた、ら すぐに潮時
お次ぎは誰? 素っ気なくそっけなく 友達の彼女
知らずしらず聴いたから
恋にしずくが ぽつり ぽつり ひとり

分かれた汽車 たたん たたん
見えないあなたたたん たたん
恋去り音 たたん たたん
霧のさなか もつれ 積も
二面の たたん たたん
ふたりは面影モダン

成る程ね、分かるような気もする.いい曲だ。おぉ、作曲は井上陽水ではないか。だからなんだと言われても困っちまうけど雰囲気のある楽曲である。

家に帰り22時からサッカーワールドカップアルゼンチンvsセルビア・モンテネグロを観る。アルゼンチン怒濤の六連発においらのあたまくらくら。18歳メッシの見事な初アシスト、初得点。テベスの初ゴール。見所たくさんあっておいらのあたま たたん たたん どたま くらくら。
| R&B | 00:48 | comments(0) | - |
神様よりも、ほんの少しの勇気と決断力
昨夜25時26分就寝今朝5時43分起床。空は曇っちょる。なによ!昨日のサッカー。すくんでるんじゃね〜ょ。俺はおこっちょるのことよ、ジーコにもさむらいぶる−2006とかいう選手達にも。あんなお嬢さんサッカーをおっぴろげやがって。なにやってんだかなぁ、精一杯やって砕け散るなら美学的にも許そうって気にもなるけど、俊介のふにゃふにゃシュートでとった一点でけりつけようだなんてこ汚い根性だしやがって。

三都主ってどこにいたの?柳沢ってなにやってたの?動いてたの高原とナカータだけ?川口守護神鬼神の守りだって、冗談言ってんじゃないよ。へそが茶を沸かすよ。あんなのとれて当たり前。それにしてもあっちの監督ヒディング、やることなすことおじょーず。エコジョーズ!!!!!。小野小町は女じゃない。いかんいかん俺も支離滅裂。ヒディングはオランダの監督をしレアルの指揮し前回のワールドカップ韓国を4位にしただけの実績。こっちの監督はなんてったて神様、神様だぜ。神様には楯つけねぇよ。監督に神様据え付けてる国って他にあったけ。監督の格はこっちが断然上なんだけどね神様だから。まだまだジーコの奇跡は起こるかクロアチア戦、それとも…

これが最後だ選手達。持とうよ、ほんの少しの勇気と決断力。そして全力奉仕。
| R&B | 13:30 | comments(0) | - |
ゲルマン民族をちょいちょい
昨夜25時就寝今朝4時半起床。昨日、朝起きてTVをつけると日本対ドイツのテストマッチを中継していた。なに〜、なに〜、2対0でにっぽんちゃちゃちゃが勝っているではないか。なか〜た、しゅんすけ、たかはらの外人部隊がくるくるボール回して。あのしつこいゲルマン民族をちょいちょいしてゴー−−−ル!!!!!!!!!!よ〜しよしこのままなんて思っていたらあざ笑うようにあっという間に2点取られちゃった。だけどその後のモーニングショーでセルジオ越後獅子が悲観的な感想を漏らしていたけど、まぁあのひとが褒めてんの聞いた事ないわけで、2点を守りきれないディフエンスがどうのこうのともっともらしい解説してたけど、うんなことは、ど素人の俺でも分かるって。もういいかげんにアンモナイト化石的ブラジル人を解説に使うの止めようよ。

【ボン31日時事】31日付の独大衆紙ビルトは、サッカー・ワールドカップ(W杯)に向けた親善試合の日本−ドイツ戦について「われわれは日本にすし(食い物)にされた。日本がドイツの問題点を明らかにした」と、日本に圧倒されて辛くも引き分けたドイツ代表のふがいなさを指摘、6月9日の開幕戦に向け「あと9日しかない。思ったほど簡単にはならない」と不安を示した。ターゲス・シュピーゲル紙も「日本はよく組織化され、ドイツは試合の流れをつかむのが難しかった。カウンターは常に危険で、ドイツの守備に問題があった」と課題を挙げた。 また、ドイツ・サッカー連盟のツワンツィガー会長は「われわれは5、6点取られる可能性があった。開幕戦までにいろんな準備が残っている」と苦言を呈した。 

俺なんかもしかしてもしかしてオランダなんかちょいのちょいでクロアチアにはちょっと苦労してブラジルには奇跡的になんちゃって。
| R&B | 16:00 | comments(0) | - |
ジーコの強運だけがたより
ボスニア・ヘルツゴビナ戦をテレビ観戦。まったくジーコっていうのは変な強運の持ち主だよ。天才って言うのは人知を超えたところで勝負してるんだなぁと思い知らされた。一点目のロスタイムでの高原のぼてぼてシュート。極めつけは二点目の中田英のまたまたロスタイムでのヘッデイングでの同点シュート。負けを確信した俺は「ちぇちぇ」とかいってさらに「三都主はいらん、ブラジルへ帰れ」などと毒づきながら風呂に入っちゃったじゃんか。テレビがわーわーいってるんであわてて素っ裸で飛び出したよ。風邪引いたらど〜スンのよ。ボスニア・ヘルツゴビナの選手はは格好良かった。俺はああいうチームが大好きだ。スピードがあって無駄が無くてどこからみてもジャパンより上であった。

こうなったらジーコの強運だけをたよりによれよれとベスト16ぐらいに勝ち上がるんだろうか。もちろんジーコの強運だけがたよりだけどね。頼むよジーコ。
| R&B | 01:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
松井大輔のヘッでイングで決まった。
本日吉例「血液交換日」公演。家を出てぷらぷら歩きながら宅急便に出すM誌の表紙DESIGNを持ってくるのを忘れたことに気がついて家に戻った。再びてこてこ歩きながら「老眼鏡」を忘れたことに気がついた。もういちどもどるのは嫌だ。っていうわけで「ダイエー」に行って100円ショップで買うことにした。くそ〜酸素ボンベが肩に食い込むぜ。っていうことで「ドトール」でブレンド飲んで一休み、どっこいしょ。

病院について寝っころんで七時にでテレビをつけた。サッカーのアンゴラ戦の中継がある。ボカスカとシュートを打つが全部惜しいところでバーにあたったりネット横に突き刺さったりで日本は点がとれない。しかし高原はいい。ふっと気がついた。そういえば娘家族の一家4人の「サッカー馬鹿家族」が国立競技場に行っているはずだ。思わずテレビの画面の観客席に目を凝らす。勿論、発見できるはずもない。馬鹿か俺は。決着は最後の最後後半44分、不毛のアテネ世代と言われたのフランスルマンに行っている松井大輔のヘッでイングで決まった。

「自分なりにできた。でもゴールは“ごっつぁん”だったので、みんなに感謝している。(ゴールは中村)シュンさんが大きく逆に振ったので、この辺かなと思って。チームでのようにいつも通りやった。もっとガツガツ行きたかった。(日本に)帰ってきてみんなの前で試合できるのはうれしい。代表はみんなうまいので、自分がパスを出さなくても待っていればパスが来る。チームが勝つことが大事。前を向かしてくれたので、ドリブルはしやすかった。」(BY SPORTS NAVI COM)

サッッカーを最後まで見ていたらずいぶんと遅い時間になってしまったし呼吸は苦しいボンベの酸素は空になっているしの三重苦。などと自分を納得させて成増までタクシーで帰る。一金、三千三百円也。
 


| R&B | 11:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
早稲田の勝利。それも五郎丸等の主力温存でだ。
昨日から雑誌の表紙DESIGNの仕事が入った。早いものでもう来年の一月号である。表紙のイメージを一新させた。家人も昨日から娘夫婦の家におさんどんにでかけた。今日は泊まってくるとかでパジャマも入れた大きなバッグを担いででかけていった。CSでオールブラックス対ウエールズのテストマッチをみた。いやはや大迫力である。

日本の森なんとかという名前の元馬鹿首相がラグビーワールドカップについてのコメントを出してスポーツ紙にでていたがネガティブ発言まるだし。そんなに自信がないなら招聘だなんて最初からしなさんな。昨日は秩父宮では早稲田対帝京が無敗どおしで激突。もちろん早稲田の勝利。それも五郎丸等の主力温存でだ。

さあ、慶応、明治を撃破して「荒ぶる」聞けるか!
| R&B | 01:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
バンザイ・バンザイ・大黒様えらい。柳沢えらい。
昨夜23時就寝今朝5時起床。天候は晴れのち曇り。どうやら今週末からは梅雨入りだとか。昨日は「血液交換日」。病院に行く前にのどが渇いていたので「DENNY'S」によって「フレッシュ・マンゴー」をごっくん。村上春樹「象の消滅」を1時間半ほど読む。うわ〜、俺の斜め前の席で中年の主婦四人が酒盛りはじめちゃったよ。うるせぃな〜、がはは笑いだよビールの大ジョッキ抱えて。うわ〜、赤ら顔に脂ぎった皮膚、眼が爛々。こわいよ〜。うわ〜、「大ジョッキおかわりー」だって。

気を取り直して「ブレンド」をたのんで村上春樹「象の消滅」(新潮社)を読む。『僕は電話機を見た。そして電話機のコードのことを考えた。どこまでも繋がっている電話機のコード。そのおそろしい回線迷路のどこかの端末に妻がいるのだ。と僕は思った。ずっと遠く、僕の手の届かないくらい遠くに。僕は彼女の鼓動を感じることができた。あと五分、と僕は思った。どっちが前でどっちが後ろなんだ?僕は立ち上がって何かを言おうとした。でも立ち上がった瞬間に言葉は消えてなくなってしまった。』(TVピープル)

どうやら、村上春樹の短編は「成増ばばあ」の暴力的「がはは」をうち負かすパワーがあるようだ。のめり込んでいた俺は尿意を憶えた。でも立ち上がった瞬間に「成増ばばあ」は消えてなくなってしまった。冗談はここまでにしてこの中の何編かは何回か読んだことのある短編だがこの黄色い表紙の裏表紙に書いてあるクノップス社副社長で編集人のゲィリー・L・フィスケットジョンの言葉「これらの17の短編は、まさしく、わたしが当初期待していた通りのものとなった。作家として多くの引き出しを持つ、驚異的なハルキの才能は、国境を越えてもゆるぎない」という編集者の自信を実感させられた。

ところで昨日はワールドカップ「アジア最終予選」の北朝鮮戦の中継が7時半からある。そしておいらの人工透析は三時間。うまく時間を合わせれば寝ころんだままTV観戦できるって寸法。だから、いつもより遅く18時ぎりぎりに病室に入った。バンザイ・バンザイ・バンザイ・バンザイ・バンザイ・バンザイ・バンザイ・バンザイ・バンザイ・大黒様えらい。柳沢えらい。
| R&B | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
人生にプロフェッショナルがいるわけがない
昨晩25時就寝今朝4時44分起床。天候はあいかわらず鬱陶しい空模様だ。さて昨日の読書の続きで伊坂幸太郎の「ラッシュライフ」のなかにまた面白いフレーズ見つけたのでメモっとこう。
  
『「私は人生に失敗した」佐々岡が繰り返した。様々なことを思い返して、佐々岡は結論に至ったのかもしれない。ソファーにうなだれて、臼を背負ったまま生きていくような顔になっていた。「人に裏切られ多。借金を背負った。私の人生は失敗したんだ。実はなにをどうしていいのか分からないんだ」「ラッシュライフという曲を知っているか??」黒澤が言う。「いや」「Lush」は酔っ払いという意味で、飲んだくれのやけっぱち人生ということらしい。おまえに必要なのはむしろ、そういった開き直った生き方かもしれないな」「私は酒も飲めないし、やけも起こせない」(中略)「俺はさっき泥棒のプロフェッショナルだと言ったよな」「確かに」「でもな、人生については誰もがアマチュアなんだよ。そうだろ?」佐々岡はその言葉に目を見開いた。「誰だって初参加なんだ。人生にプロフェッショナルがいるわけがない。まあ、ときには自分が人生のプロであるかのような知った顔をした奴もいるがね、とにかく実際には全員がアマチュアで、新人だ」「アマチュアか」佐々岡がぼんやりと呟く。黒澤は、友人に自分の言葉が伝わっているのかどうかをじっと見つめながら、「はじめて試合に出た新人が、失敗して落ち込むなよ」と言った。』

なるほど、黒澤みたいな友人がいたらいいよな、励まされて。でも職業は「泥棒」以外にしてほしい。かな?さて、昨日は「血液交換日」。16時40分透析開始で19時40分終了。夕食は「肉団子のあんかけ」「いんげんの煮物」「大学芋」。

さてと透析終わって有楽町線で「成増」の階段あがって道路に出ると雨が本格的に降り出してきている。駅のそばの「SANK'S」に飛び込んで400円のビニール傘を購入。そろそろ梅雨入りかしら?ワールドカップのアジア最終予選。バーレン戦の中継が24時半からテレ朝である。起きていてリアルタイムでみるか、録画するかと迷う時間帯である。眠いのこらえて25時まではおきてたけど、このあたりがじじいの限界。ビデオをセットしてばたんきゅうー。

で、朝五時から観てる。なるほど、小笠原ね。そうか小笠原か。俺の親父が戦死した小笠原ね。やるときゃやるもんだね。すごい、えらい。日本帝国万歳。うちてしやまん八紘一宇。ホームのバーレンの選手たち後半バテバテだった。それに柳沢のワントップもなぜか新鮮。違うか、そうか、のたうちまわる鈴木がフォワードにいないのが新鮮なのかな?俺的には。ジーコの強運はまたまた続いた。それにしてもカビラだか松木だか真吾だかしらんけどサッカー芸者はもういらん。おめーら、めざわりだ。


| R&B | 13:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
「own goal」で首の皮一枚でつながったよ。
村上春樹おやおや昨日のワールドカップアジア最終予選のバーレン戦「own goal」で首の皮一枚でつながったよ。それにつけてもジーコの強運にはあきれるほどだよ。バーレンに負けりゃぁ間違いなく更迭騒動勃発だったのに。まさかの「own goal」。なにはともあれ6月まで楽しみは持続するわけだ。この強運を持ってすればworld cup出場は確定。したも同然かな?

それにしてもおいらバーレンが何処にあるかも知らなかった。へぇ、奄美大島と同程度の面積なんだ。あんな政治の安定してない中東でよく侵略されなかったもんだよな。ちょっとネットで調べてみた。

【国土のほとんどが石灰石の荒野というバーレーンも、北部の一帯は豊かな緑に覆われている。デーツと呼ばれるヤシのプランテーションをはじめ、色とりどりのフルーツが栽培され、バーレーンこそ聖書に著された「エデンの園」ではないかという論議の根拠となっている。】

エデンの園とはおそれいった。そういえば今度の土日に行われるF1もバーレンだ。なかなかに文化活動の盛んな王国のようだ。

一昨日は午前中にコーヒーを飲みたくなってぶらぶらと散歩に出かけた。途中、本屋に寄ると村上春樹の「象の消滅」が並んでいた。短編集である。アメリカのクノップフ社から1993年に発行された短編小説集“The Elephant Vanishes”の日本語版。なんでも収録順序も英語版をそのまま踏襲しているという。あぁ、よかった。またしばらくは春樹節を堪能できるぞ、っと。
| R&B | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
| 1/3PAGES | >>

みんなのブログポータル JUGEM