CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
<< 1277曲、135.7日、5.56GB。 | main | いつもは30分の道のりが二時間もかかってしまった。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
部族「緑のそよ風」は「風月堂」に現れなかった。
雪が降り出してきた。この振り方では当分やむまい。雪に勢いがある。郊外では3センチほどの積雪がありそうだ。古い友人の浜野君の「ブログ one day walk」に懐かしい喫茶店やジャズ喫茶の名前を見た。「風月堂」「青蛾」や「ki-yo」「ヨット」「jazz village」。そういえば、あの頃あそこにたむろしていた瘋癲たちはどこに行ってしまったのだろう。ジャック・ケルアックの「路上にて」を小脇に抱えた生意気なオレをちょっと動かしてみる。それにしてもあの頃は元気であった。午後である。もうもうと煙草の煙でかすむ階段を上っていく。午後の日差しが窓から指して髪の毛の長い一種異様な集団がたむろしていた。17・8のオレは気後れしながらKの後について席に着く。みんなラリっている。「ロジ、詩はできたか、もう印刷にまわさないと間に合わないんだ」「このつぎには必ず持ってくるから…」なんせ詩なんて書いた事もない。「シュメールのなんとかかんとか」て詩らしい体裁にして渡したのは一週間後であった。印刷はすぐにできた。150部あずかって全部売っちゃった。なんせラリっていたから。それからしばらくして部族「緑のそよ風」は「風月堂」に現れなかった。諏訪之瀬島に移住してしまったのだ。2001年8月屋久島に山尾三省の訃報を聞く。外にはどんどん雪が積もり始めた。買ったまんまになっている青山南訳の「オン・ザ・ロード」でも読んでみようかな。


| - | 12:53 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 12:53 | - | - |
コメント
コメントする










みんなのブログポータル JUGEM